BGM Play                    

犬のお尻と肉球

犬のお尻と肉球

犬のお尻と肉球〜ペット☆犬をモット知ろう

 
体
 
の「お尻肉球」の各部について
 
メニュー項目名:
 
頭以外の体全体を支える骨や、尻尾、お尻、肉球、などを調べてみました。
犬の体・その2は、お尻の肛門腺や肉球の役割などについて紹介しています。

 
犬の体・索引 お尻肉球
 
 
 
 
犬のお尻
 お尻肉球先頭に戻る
 
お尻・肛門腺 お尻からウンチが出てくるまで
 
 体・臭腺 食べた物はどうなる?
 
  ご存知のとおり、食べた物は消化され、残りが「ウンチ」となり、お尻の肛門
  から排出されます。このウンチは食べてから1〜2日間かけて出来るとのこと。
 
  ですから、朝にウンチをしたとしたら、そのウンチは前日の朝食やそれ以前に
  与えた食事が消化されたもの、と考えられます。
 
  犬の体調や食べた物の消化の良し悪しによりウンチの排出が早くなったり、
  遅くなったりすることもありますので、飽くまでもおおよその目安です。
 
 
    
  
     腸の長さは体長の5〜7倍といわれ、盲腸もある
 
 
 口腔
  当サイトコンテンツ 犬の頭・舌(口)の歯 のところにもあるように、
  犬には、臼歯はあるものの、大きなもの硬いものを噛み砕く以外、
  引きちぎった食べ物のほとんどを咀嚼せずに丸呑みします。(猫も同様です)
 
  人間は咀嚼することで唾液中にアミラーゼ(消化酵素)を分泌し、消化を
  促進する働きを持っていますが、犬は咀嚼してもアミラーゼを分泌しない
  という。そのかわり、胃で人間よりも強力な胃酸を分泌する。(猫も同様です)
 
  犬は肉や骨を消化する消化器の機能が大変優れている反面、穀物や野菜を
  消化する機能は人間と比較すると非常に弱いという。
  野菜はミキサーでペースト状にしたり、ゆがく、蒸すなどして火を通したもの
  を与えるのが良いとのこと。
 
  また、犬は人間に比べ大量の唾液(よだれ)を流しますが、これは食べ物を
  丸呑みするのを助けるため、とも言われている。
   
 胃
  丸呑みにされた食べ物は食道を通り胃にたどり着き、一時的に蓄えられます。
  そこで強力な胃酸が分泌されて、食べ物に付着していた雑菌は滅菌消毒され、
  タンパク質などが分解
される。
 
  そして、胃の蠕動(ぜんどう)運動によって食べ物が胃液とかき混ぜ合わされて
  ドロドロとした粘液状
になりその後、十二指腸へ送られる。
   
 小腸
  小腸は十二指腸・空腸・回腸などで構成されており、ここで食べた物からの
  栄養(糖質、タンパク質、脂肪など)の吸収と消化が行われる。
 
  また、不要な成分や毒物は肝臓や腎臓などの働きにより解毒されたり老廃物
  として排泄される。
 
   
 大腸
  大腸には消化する機能がなく吸収するのみです。
  小腸を経由して送られてきた食べ物から、ここで水分やミネラルが吸収されて、
  ほどよい硬さのウンチ
ができ、最後は排便がうながされ肛門から排出される。
 
 
  愛犬のウンチで健康チェック
 
  ウンチは愛犬の健康状態を知るのに、大変に役立つ情報源です。
  ( 話題がウンチだけに不快に思われないかたがご覧になってください。)
ココをクリックすると開くよッ! 良いウンチ! 悪いウンチ? 
 
見分け方などのポイントを説明しています。

 
 クリックすると別ページで
  「
愛犬☆ウンチで健康をチェック」が開きます。
  
ウン(運)を開く 開運!? 
 
犬の体・ウンチはキチンと拾いましょう!       
 
 犬の体・ウンチの後始末をしよう!
 
 犬の体・ウンチの後始末にひとこと
 
 道路や橋、公園などでこの忘れ物が目立つようになった・・・ 
 と思うのはこの私だけでしょうか? 
 
 
 ご自分の家の前に、この忘れ物があったら、不快な気持ちになりますよね!
 
 一部のマナーの守れない人のために、多くの愛犬家とワンコたちが迷惑を
 被ることになるのです。
 
 シャベルを持って歩いて、いかにも後始末をしています・・・と装い、
 
 ・土を軽くかけているだけ(気づかずに踏んだりして、むしろ迷惑です、
              そして、雨でも降ったら、ムキ出しになります)
 
 ・すくって、目立たないところに放り投げているだけ
 
 など、いずれも大変、迷惑です。
 
 どうか、キチンと持ち帰ってください!
 
 最低限のマナーです! 
 

   
 
 体・臭腺 オーストリア編
 
 オーストリア・ウィーン市では、犬のウンチ袋専用スタンドが
 設置されているそうです。
 
 このスタンドがあれば、ウンチ袋を持ち歩かなくとも、
 お散歩の途中で、このスタンドからウンチ袋を手に入れる
 ことができますから、自然とマナーも向上しますね!
 
 日本の自治体でも、わりと古くからウンチそのものを回収
 する回収箱(頑丈なゴミ箱のようなもの)を設置して、
 マナー向上を目指したところもあるようです。
 
 こちらは、ウンチを持ち帰るための袋の設置ではなく、
 ウンチそのものを回収してしまう・・・、という試みです。
 
 しかし、糞臭や回収、経費などの問題で撤廃してしまう
 というニュースも耳にします。
 
 撤廃ではなく、それに替わる方法など、なぜ試行錯誤の試みが
 継続できないのでしょうか?
 

 ← 場所によっては、回収したウンチを入れる左のような
   スタンドも設置されているとのことです。


   ↓ ついでに紹介します

 
 
   
 ↑2008年 7月 8日付け      ↑放置は罰金のワンコ立て看板
  ウィーン現地の新聞記事より
 
  ウィーン市でウンチ放置の罰則による罰金制度が始まる!
 
   犬のウンチ放置は罰金36ユーロー(  6,084円)
 
   放置常習者の罰金は2000ユーロー( 338,000円) 注:1ユーロ169円の仮レートで換算
 
 
   
 
 体・臭腺 日本編(2008年 7月25日 追加)
 
 高速道路サービスエリア ワンコへの嬉しい配慮
 
 下りサービスエリア ドッグ・ランの利用について  左の利用に関する注意事項の拡大写真
 
 ドッグ・ランの中に設置されているウン○取りと専用ゴミ箱  ドッグ・ランの中 この写真には約半分のスペースが写っている
 
 ドッグ・ラン フェンス内の注意看板  ドッグ・ラン 入り口付近の看板
 
 上りサービスエリア 犬の散歩道 ウン○取りの道具    上りサービスエリア 犬の散歩道 ペット専用ゴミ箱
 ウン○を掴む道具                  ペット専用のゴミ入れ
 
 上りサービスエリア 犬の散歩道 ペット専用の水飲み場 上り下りサービスエリアともにペット同伴可のお食事処 ペット同伴可のお食事処 水の容器もお店で用意されている
 ペット専用の水飲み場      食事処ではペット同伴OK 水の容器もお店で用意されています!
 
  公園などでも普通にこのような配慮や設備が整うと嬉しいですね!
 
 
お尻・肛門腺 肛門腺(こうもんせん)って
 
 体・臭腺 退化した臭腺
 
  犬の肛門の左右にある退化した臭腺で、肛門嚢(こうもんのう)と
  呼ばれる分泌腺がある。
  これは皮膚の皮脂腺とアポクリン汗腺が変質したもので、
  強い臭いの分泌物を排出する。
 
 
 体・肛門嚢 肛門嚢は分泌液を溜める袋
 
  肛門嚢は肛門の左右斜め下に位置する一対の袋状の分泌腺であり、
  その犬固有のニオイを発する分泌液がたまる。
 
  ウンチをする時、外肛門括約筋が収縮すると肛門腺が圧迫されて、
  分泌液が一緒に排便される。
  この分泌液は、直腸の中のものを外へ出しやすくするための潤滑油
  のような働き
をする。
 
 体・分泌液 マーキングは分泌液のニオイ
 
  散歩中には、この分泌液のニオイを残して、ほかの犬に自分の存在
  を示したりする。(マーキングと呼ばれる行為) 
 
 
犬のお尻・肛門線を絞る 肛門腺を絞る
 
  分泌液の粘りが強いとか、袋の出口が細かったりすると、分泌液が
   たまりやすくなるので、たまに絞り出してあげるのが良いとされる。
 
 
  犬によって、たまりやすい犬もいれば、たまらない犬もいる。
 
   トイ・グループ(愛玩犬)などの小型犬は、たまりやすい傾向に
   あるようです。
 
   絞り出すのは1ヶ月に1回くらいしてあげれば大丈夫とされる。
 
   肛門嚢に分泌液が貯まり、肛門腺が詰まると、犬はお尻を床や地面に
   こすりつけたり、ひんぱんにお尻をなめたりします。
 
 
  絞り方
 
  袋の位置は、
肛門を正面から見て時計方向でいう4時付近(右側)と
  8時付近(左側)にあり
、軽くつぶすくらいの力で、肛門に向かって
  グイッと上方向に絞りだす。
    手 順
万が一、まわりが汚れても大丈夫な場所で行う。
 
  ・シャンプーついでにお風呂場など
 
片方の手で尻尾を持ち上げる。
 
肛門の斜め下をさぐり“ポコン”とした2つの袋状の
  ものを確認したら、そこを人さし指と親指ではさむ。
  

 
 ↑マウスで触れてください。
 
肛門のまわりを触って、袋状のものを人さし指と
  親指でつまんで肛門に向かって押し出すようにする。
 
  ・無理に力を入れずに、行うこと。
 
  ・出にくい場合は、無理をせず動物病院や
   トリマーさんにお願いする。
 
そうすると、たまっていた分泌液が肛門腺の
  小さな穴から出てくる。
 
  ・勢いよく出てくることもあるので正面から
   覗きこむような格好でしないように!
 
  ・慣れたらティッシュをかぶせながら行うと 
   飛び散って汚すことなく絞れるとのこと。
  
出てきた分泌液は、強烈なニオイがするので、
  肛門の周りをすぐに洗い流す。
 
  ・あるいは、トイレット・ペーパーなどで、
   素早く拭い取ってあげてから、洗い流す。
 
分泌液が洋服や手に付いてしまった場合もすぐに
  洗うこと。(時間が経つほど、落ちにくくなる)
  
 
    自分でやれないときは、動物病院やトリマーさんにお願いする。
 
  犬のお尻・ミニチュアシュナウザ   犬のお尻・ビーグル   犬のお尻・手入れ
 
 
 
犬の肉 球 [ パッド(Pad) ]
 お尻肉球先頭に戻る
 
肉球の役割 どんな役割
 
  衝撃クッション
 
  足への
衝撃をやわらげるクッション(※)のような役目を果たす
  大切な器官で、ゴムのような弾力のある厚い皮でできている。
 
   ※ 厚い皮の奥には
クッションの役目を果たす「脂肪球」という
     脂肪のかたまりがある
 
  走るときや急激な動き、ジャリ道や小枝などの突起物の多い道を
  歩くときに、
足を保護する大事な役割をする。
 
  また、肉球の厚さ(硬さ)は生活環境により変化し、
 
   外へのお散歩の頻度が多ければ、それだけ地面の刺激を受けて 
    肉球は厚く(硬く)なるという。
 
   外に出ず、ほとんどを室内で過ごしている場合は、柔らかな肉球
    になってしまうという。
 
 
  足音を消す
 
  
足音を立てないで獲物に近づくための役割もあるとされる。
 
 
  感覚器官として機能
 
  
脂肪球と表皮の間には、たくさんの神経や血管が分布しており、
  人の指先と同じような感覚を持っている。
 
  ・触覚  (何かに触れたことを感じる)
  ・圧覚  (圧迫、圧力を感じる)
  ・温度感覚(熱い、冷たい、などを感じる)
  ・痛覚  (痛みを感じる)
 
 
  体温の目安
 
  肉球は体温を知る目安にもなり、普段は冷たい肉球がさわってみて
熱いと
  
感じたら、発熱している可能性があり、病気の早期発見につながることも
  あるという。
 
 
肉球・汗 
犬が唯一、汗をかくことができる場所
 
  犬は、よく汗をかかないといわれますが、肉球には、
わずかに「汗腺」が
   
あり、体の中で唯一、汗をかくことができる部分です。
   ( 肉球にある汗腺はエクリン汗腺と呼ばれる汗腺 )
 
   この汗のニオイは犬それぞれ違う固有のものであり、
排泄をした後に
   
犬(特にオス犬)は、よく地面をひっかくような動作をしますが、
   
自分のニオイをつける「マーキング」の行動であるといわれてます。
 
           砂浜での足跡
   
  オシッコです → 後ろ足で地面をカキカキします
 
 
    
 
     
肉球のエクリン汗腺は犬よりも猫のほうが発達しており、
     猫の肉球は触ると犬よりも少しシットリとしているという。
     また、
     犬と比べ
肉球の表皮は薄く、触覚は猫のほうが発達しており、
     前足を使い、顔を洗ったり、オモチャをつかんだり、
     そして、ちょっかいをだしたりと、とても器用に利用している。
 
 
  体温調節
 

  普段は肉球から「汗を出す」ことで、体温調節もおこなっている。
  また、犬は寒さに強いといわれますが氷点下においては体内の温度を
  37度前後に保ち、足先の体温を0度近くまで下げ厳しい寒さのなか
  でも活動できる。
 
           
 
 
肉球の注意 気を付けること
 
  再生能力は低い
 
  再生能力はあまり高くないためケガには注意する、また、
年齢とともに
  
体の代謝が低下し、肉球もガサガサして硬さが増していく。
 
 
  長時間の運動による荒れ
 
  毎日長い時間散歩する犬や、アウトドアで山や河原を
走り回ったあとの
  
犬の肉球は荒れていることが多い。
 

 
  暑い季節は熱によるヤケド
 
  夏は、
熱くなったコンクリートや、海辺の熱い砂浜によって、
  
肉球がヤケドをしてしまうことも少なくない。
 
  散歩などは、朝方や夕方など、コンクリートが冷えているときに
  してあげる。
 
  肉球・土草のある場所での散歩  肉球・海辺で遊ぶ  肉球・海辺で遊ぶ2
 
ザッ ザッ
 

 
  アスファルト道路での散歩や運動
 
  現代のように歩くところは
アスファルトばかりという環境では、
  ガサガサになったり、ヒビ割れを起こしやすい。
  
ガサガサやヒビ割れは皮膚炎を起こす引き金となる。
 
  飼い主として、土のある場所をチェックしておくことも大事です。
  なるべく、
土のあるところでの散歩をしてあげる。
 
 
  犬が滑らない住環境
 
  室内で飼う場合は、
フローリングなどのスベスベの床は犬にとっても
  滑りやすく歩きにくい。そのため、
骨折や捻挫などの事故を起こす
  
原因ともいわれる。
 
 
            
 
 
  冬は暖房などで
肉球の表面が乾燥すると、ますます滑りやすくなる。
  床マットを敷くなどして滑らないようにする。
 
  また、
肉球と肉球の間には毛が生えているが、その主な役割は
 
   雪国で生活する犬にとっては、雪道や氷上で滑らないようにしたり、
    その冷たさから肉球を保護するためで、比較的、長い毛が生えている。
 
   砂漠地帯で生活する犬にとっては、砂で滑らないようにしたり、
    地面の熱さから肉球を保護するためで、比較的、短い毛が生えている。
 
  いずれも、生活する気候に順応して肉球を保護するためのものですが、
  現在は室内で生活する犬が多くなっています。
 
  室内で過ごす時間が長い犬にとっては、この肉球の保護毛が長すぎると、
  滑って転倒するなど、思わぬケガをしてしまうこともあるようです。
  
  室内で生活を共にする家庭犬は、この肉球の保護毛を短めに刈り
  上げてあげることで事故防止にもなる
といいます。
 
 
肉球の手入れ 
どんな手入れが必要
 
  こまめな観察
 
  普段から、こまめに足の裏を見て、異物がはさまっているようであれば
  取り除いてあげる。
 
 
  保湿剤を塗り込む
 
  普段から、
肉球用の保湿剤(ジェルやクリーム)を塗り込み、荒れを
  
予防してあげる。(ベビーパウダーなどのような粉末類は汗を吸いとり
  逆に滑りやすくなるため危険、塗らないこと。)
  その保湿成分が肉球や足の皮膚に膜をはり保護するとともに角質を
  やわらかくするため、肉球本来の役割を果たしやすくするとのこと。

 
  
 
 肉球・足の爪   肉球・手足(爪)の手入れ  
          ワンコをクリックすると「日常の健康管理」
              爪(と肉球)の健康が開きます。

 
  足に関する用語
  

用 語 英表記 意 味
デュークロー
 
( 狼 爪 )
Dewclaw 前肢パスターンの内側にある親指、または後肢パスターンに
生える余剰の趾で、狼爪とも呼ばれる。
すべての犬にあるものではない。
ただし、狼爪があると歩行の邪魔になる恐れがあるので、
通常は生後まもなく切除される。
ハインド・パスターン Hind pastern 後肢の手根関節から指部までの中手骨の部分を指す
パスターン Pastern 前肢の手根関節から指部までの中手骨の部分を指す
右側に生活情報PRバナーを別窓で表示します。


サイトマップ
コンテンツ

 
 
   
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
   

http://www.daidtm.net/
        
−免責事項− Copyright (C) 2007- ペット☆犬をモット知ろう. All Rights Reserved.
当サイト内の文章・写真・デザインなど一切の無断転載はご遠慮下さい。