犬の予防接種・予防薬

ペット☆犬をモット知ろう TOPページ〜検索から入り、ページ全体が表示されていない時はここをクリックしてTOPページから再度お入り下さい

犬の予防接種・予防薬 

予防接種予防薬〜ペット☆犬をモット知ろう

 犬の予防接種・予防薬について

狂犬病予防接種(感染症) 処 方
法令で接種が義務づけられている。
 
市町村に蓄犬の届け出をして登録する
  と毎年通知がくる。
  通知で案内された集合場所で接種する。
 
  動物病院で受けることもできるが、病院
  により病院から発行された接種証明書を
  自分で届け出なければならない場合も
  あるので確認しましょう。
 
生後3ヶ月過ぎに1回目を接種する。
 
以後、年1回4月に接種する。
予 防 す る 病 名
狂犬病
 
特徴
 
  意識障害が起こり、中枢神経がおかされて凶暴化したのち、死に至る。
  一定の潜伏期間ののち、発病後3〜4日でほぼ死亡するという。
  人間にも感染し、死亡率も100%という恐ろしい感染症である。
  ただし日本においては、接種の義務づけにより、そのかいあって
  記録上、1957年以後は発症していないという。

  だが、世界的には、さほど減少していないとのこと。
 
  厚生労働省のHPより
     
  ↑クリックすると拡大版PDFファイルが開きます
 
 
症状
 
  よだれを垂らす、凶暴化する、全身が麻痺する
 
感染経路
 
  傷口からのウィルス感染 感染した犬の唾液から、さらに感染する
  など
 
 
混合ワクチン接種(感染症) 処 方
任意
 
複数の感染症を予防するために一度に
  混合して接種する。
 
  その混合数によって、
  3種・5種・7種・8種・9種
  などがある。
 
  予防する病名により混合せず、単体で
  接種できるものある。
 
  ペット同伴可の宿やホテル、犬専用の
  施設(ペットホテルやドッグランなど)
  を利用するとき、混合ワクチン接種済
  証明書の提示を求められることも少なく
  ありません。

 
生後50日前後に1回目を接種する。
 
その後、3〜4週間後2回目を接種する。
 (地域や病院によっては3〜4回目まで接種する)

 
以後、年1回接種する。
予 防 す る 主 な 病 名
 
( レプトスピラ3つの型それぞれを感染症として扱い、全部で9種の感染症となる )
ジステンパー
 
特徴
 
  ウィルス性の病気で空気感染し、死ぬ確立も高い。
  1歳以下の幼犬に発症することが多く、進行により脳炎で神経がおかされ、
  治っても神経系の後遺症が残ることもあるという。
 
症状
 
  高熱が出る、激しい咳、下痢、神経症状(チック症状など)、けいれん
 
感染経路
 

  クシャミによる空気感染 鼻水、唾液、排泄物を口にした感染
 
犬パラインフルエンザ(ケンネルコフ)
 
特徴
 
  犬伝染性喉頭気管支炎とも呼ばれ、咳が出る病気で症状が人間の風邪と酷似している。
  パラインフルエンザウィルスアデノウィルス細菌や微生物などが合併して起こる
  合併症で気管支炎や肺炎のような症状がみられる。幼犬や高齢犬がかかりやすいという。
 
症状
 
  激しい咳、発熱、鼻水、下痢
 
感染経路
 
  咳やクシャミによる口や鼻からの感染
 
犬レプトスピラ感染症
 
特徴
 
  腎臓や肝臓がレプトスピラ菌という細菌におかされてしまう感染症で人間も感染する。
  悪化すると尿毒症を発症して死に至るとのこと。
 
  ※レプトスピラ感染には「黄疸出血型(コペンハーゲニー型)」「カニコーラ型」
   「ヘブドマディス型」という3つの型がある。

 
症状
 
  黄疸、嘔吐、下痢、脱水症状を起こす、歯茎から出血する
 
感染経路
 
  ネズミの媒介による感染 汚染された尿、川の水、下水、などを口にしたり皮膚から感染
 
犬伝染性肝炎(犬アデノウィルスT型感染症)
 
特徴
 
  犬アデノウイルスT型というウイルスにより感染し、幼犬の場合は突然死することもある。
 
症状
 
  肝炎を発症し、高い熱、嘔吐、下痢、目(角膜)が白く濁る、突然死
 
感染経路
 
  このウィルスを保有した犬の排泄物を口にしたり、鼻に触れたりしたことによる感染
 
犬アデノウィルスU型感染症
 
特徴
 
  犬アデノウイルスU型というウイルスにより感染し、肺炎などの呼吸器症状が出る。
 
症状
 
  肺炎や扁桃炎を発症し、元気がない、発熱、 乾いた咳をする、鼻汁がでる
 
感染経路
 
  このウィルスを保有した犬の排泄物を口にしたり、鼻に触れたりしたことによる感染
 
犬パルボウイルス感染症
 
特徴
 
  感染力が非常に強く、死亡率も高いことから「犬コロリ病」とも言われている。
  幼犬に発症しやすく、心筋型は突然死腸炎型は下痢、血便、嘔吐などを繰り返すという。
 
症状
 
  激しい下痢をする、嘔吐、血便が出る
 
感染経路
 

  このウィルスを保有した犬の排泄物を口にしたり、鼻に触れたりしたことによる感染
 
  ※このウイルスは抵抗力が強く、感染力を保ったまま汚染された土壌などに1年以上
   生息するという。
 
犬コロナウイルス感染症
 
特徴
 
  腸炎を引き起こし、犬パルボウィルスや細菌と混合感染すると、症状がたいへん重くなる。
  この感染症の予防は犬パルボウィルス感染症と一緒に行うことが大事とのこと。
 
症状
 
  食欲がない、元気がない、発熱や脱水症状、下痢、嘔吐
 
感染経路
 

  このウィルスを保有した犬の排泄物を口にしたり、鼻に触れたりしたことによる感染
 

 
ワクチン予防接種に対する警鐘について
 
 混合ワクチンの接種による予防は必要なもの・・・・・、
 しかしワクチンを接種したことにより、予期せぬ事態を招いて愛犬の命に拘わる深刻な
 状況に陥った、あるいは後遺症、そして最悪の結果として命を落としてしまった、
 などのケースが少なからずあるのも事実です。
 
 この事実は一口で言えるほど、簡単なことではないと当管理人は認識しています。
 このワクチン接種の是非や処方の在り方については非常に関心を寄せるところです。
 しかしながら勉強不足につき、情報としてこれ以上の掲載をするまでに至りません。
 ついては、大変貴重な情報を掲載されているサイト様をここに紹介させていただきます。
 
 
 
 ※ 情報は2002年当時のものです、現在に至るまで経年の情勢変化などがあるものと
   お含みおき願います。

 
 
 
フィラリア予防薬(感染症) 処 方
任意
 
フィラリアに寄生されてしまうと、
  犬はもちろんのこと飼い主にも大変な
  負担となる。
 
  必ず予防薬を投薬するように
  しましょう。

 
毎年、蚊が発生する5〜11月(気候など地方に
  より違いがある)の期間に毎月1回予防固形薬の
  服用、もしくは予防注射による接種。
 
  注射による接種は、犬からすれば嫌い(人間でも
  大半は嫌いでしょう?)であるのが普通です。
 
  固形薬(単独でオヤツのように与え食させる、
  あるいは、食事と一緒に服用させるなど)による
  投薬予防が多いようです。

 
 
すでに感染している場合に投薬すると、副作用が
  出ることもあり、投薬前に必ず血液検査を行う。
     
       
予 防 す る 病 名
フィラリア症
 
特徴
 
  フィラリアというソーメン状の細長い犬糸状虫が肺動脈や心臓に寄生し、循環障害を起こす。
  フィラリアの増殖とともに全身の臓器が不全となり死に至る。
  感染率は高いので、ぜひ予防しておきましょう。
 
症状
 

  初期症状としては軽い咳、毛艶が悪い、元気がない。進行すると、やがて心不全やお腹に
  水がたまる腹水といった全身の症状がでる。
 
感染経路
 

  蚊が媒介して感染する。
 
 
 
ノミ・ダニ予防駆除薬 処 方
任意
 
ノミやダニの寄生は、皮膚病や他の
  感染症を誘発する。
 
  必ず予防のケアをするように
  しましょう。
毎年、ノミやダニが繁殖し活発になる4〜11月の
  期間(気候など地方により違いがある)に薬の
  持続力にあわせて投薬する。
 
飲み薬(フィラリア予防と一緒のものもある)、
  皮膚へ直接滴下する液体状の滴下型、スプレー式、
  ノミ取りシャンプー、などさまざまな種類がある。
      
予 防 す る 病 名
耳ダニ
 
ノミアレルギー性皮膚炎
 
その他さまざまな皮膚疾患

 

各接種や予防薬欄にある 任意 とは、法令で義務づけられていないという意味です。
 

Copyright (C) 2007- ペット☆犬をモット知ろう. All Rights Reserved.
当サイト内の文章・写真・デザインなど一切の無断転載はご遠慮下さい。