BGM Play         

カーミングシグナル

カーミングシグナル

カーミングシグナル〜ペット☆犬をモット知ろう

カーミングシグナル・その1  
カーミングシグナル」 について
 
メニュー項目名:
 
「犬のあくび」や「尻尾」のところでもふれていますが、
この犬の出すサイン、「カーミングシグナル」とは、
どのようなものであるのか、もう少し調べてみました。
 
 
 
 
 
言葉の由来
 
カーミングシグナルは英語の鎮めるや落ち着くの意味を持つ Calm(カーム)
  と合図や信号の意味を持つ Signal(シグナル)2つの単語が合わさって
  できた言葉
とされる。
 
 
ノルウェーのトゥーリッド・ルーガス女史が発見し、みずからまとめた
  著書に「カーミングシグナル」がある。
 
  カーミングシグナルは現在も研究中の
犬の行動心理学
 
 
カーミングシグナルは簡単に言えば、犬の「ボディランゲージ」であり、
  犬が声や動作でストレス状態にあることを示し、犬がシグナルを
  発するのは、その
ストレスの原因である緊張関係を回避する、緩和する、
  などが目的だとされる。

 
 
ふだんは見過ごしている犬のしぐさから、
  思わぬシグナルが出ているのかもしれません。
 
  このカーミングシグナルと言われる「
犬語」を注意して
  見ておくことで、
犬の「気もち」に近づくことになり、
 
しつけでも大変役に立つと言われます。
 
  犬との信頼関係・絆もより深まることになるでしょう。

 
カーミングシグナルを読む・その4のページに
  出会いの場面で出される
  カーミングシグナルの一例を動画で掲載しています。

 
 
代表的なシグナルを簡単に紹介します。
 
 数が多いため、その1 と その2 に分けています。
 
  説明していますカーミングシグナルの内容は、事例を含め、
  できるだけ分かりやすいように端的な表現となっています。
 
  事例などの意味が必ずしもあてはまるとは限りません。
 
  実際には、シグナルを出したときの、その犬のおかれている
  状況や状態、立場などの全体を観察して判断することが
  大事なポイントとなります。
 
  とは言え、これらカーミングシグナルは基本的に何らかの
  緊張関係にある犬がその緊張状態を回避する(したい)ために
  出すサインであることに違いはありません。
 
  これらを前提に飽くまで参考として、
  ご覧いただきたくお願いいたします。
 
カーミングシグナル  
 マウスのカーソルで絵に触れてください。 カーミングシグナルを絵の変化で表現しています。
 
ボタンをクリックすると索引に戻ります。
 
 
 
 1 
2頭(2人)の間をさくように横切る

カーミングシグナル 1カーミングシグナル1
 
 相手は違う群れであるという警告、同じ群れのものを守るための行動とされる。
 
 事例 :散歩中に、犬を連れている見知らぬ人と出会った。
     挨拶をして話しをしていたら、相手の飼い主と犬の間を
     さくように横切った。
 
 意味 :相手は自分(犬)と自分の飼い主とは違う群れであることを警告して
     「油断しないように!」と行動で示した。
     よく、やきもちをやいている・・・、などと言われることがあるが
     決して、相手へのやきもちではない、とされる。
      
 
 
 
 2 
歯をカチカチと鳴らす


カーミングシグナル 2カーミングシグナル2
 
 相手に対して「落ち着きましょう」と示すためのしぐさとされる。
 
 事例 :相手の犬とは初めて会ったが、相手の犬が、ときおり吠える。
     しばらくして、自分の犬が小さく歯をカチカチ鳴らしているのに
     気が付いた。
 
 意味 :相手の犬に対して「落ち着こうよ!」とシグナルを出していた。
     怖くて歯がカチカチしているのではない。

  
 
 
 
 3 
あくびをする


カーミングシグナル 3カーミングシグナル3
 
 相手に落ち着いてほしいときや、犬がストレスを感じたときなどに出す。
 
 事例 :飼い主が叱ったときに「あくび」をした。
 
 意味 :「落ち着いて!」「もう叱らないで!」と犬がお願いしている。
 
  本当にリラックスして「あくび」を出すときもあります。
   
 
 
 
 4 
そっぽを向く、目線をそらす


カーミングシグナル 4カーミングシグナル4
 
 興奮している相手を落ち着かせたい、あるいは、敵意が無い、ことを示す。
 
 事例 :犬を叱るため、目を見ながら言葉を発していたら、犬が目を
     そらした。
 
 意味 :あなたに対して、「もっと落ち着いて!」とシグナルを出した。
     あなたを無視しているわけではないので勘違いしないこと。

  
 
 
 
 5 
おすわりをする


カーミングシグナル 5カーミングシグナル5
 
 争いごとを回避するためや、服従と安全を確保するための行動。
 
 事例1:散歩中、他の犬が近づいてきたときに「すわる」。
 
 意味1:相手の犬に自分が敵意の無いことを示している。
 
 
 事例2:飼い主の脇に来て「すわる」。
 
 意味2:服従心を示し、何かしてくれることを待っている。
  
 
 
 
 6 
鼻を持ち上げる


カーミングシグナル 6カーミングシグナル6
 
 相手に対して敵意がなく、相手の気もちを落ち着かせようとしている。
 人に対しては、何かをして欲しいという欲求の意味があると言われる。
 
 事例 :部屋で本を読んでいたら、部屋に一緒にいた犬が何かのニオイを
     嗅いで探すような、鼻を上げるしぐさをしている。
 
 意味 :つまらないから何かしてほしい、と言うサインかもしれません。
   
 
 
 
 7 
前足を上げる


カーミングシグナル 7カーミングシグナル7
 
 緊張や興奮を、強く落ち着かせるためのしぐさとされる。
 
 ポインターなどの猟犬の場合は、獲物を発見したとき、ハンターへ
 知らせるために見せる静姿勢として有名なポーズですが、
 一般の家庭犬の場合は、よろこびを現わすしぐさと解釈されるとのこと。
 
 事例1:散歩中に知らない犬が近づいてきた、自分の犬が立ち止まったので
     見てみると前足を上げていた。
 
 意味1:相手の犬を落ち着かせる、そして、自分自身も緊張している
     ことを示している。
 
 
 事例2:犬に何かを話しかけたときに犬が前足を上げた。
 
 意味2:話しかけられたことに対して興奮やよろこびを示している。

     
 
 
 
 8 
ふと、どこかに行く


カーミングシグナル 8カーミングシグナル8
 
 飼い主に大変慣れて安心している、その場所を快適に思っていることの
 行動の現われ。また、犬同士の場合はお互いが認める関係になったことを
 示す行動といわれる。
 
 事例 :そばにいたかと思っていたら突然どこかに行き、また戻ってくる
     という行動をした。
 
 意味 :飼い主に慣れており、そこは自分のテリトリ(縄張り)である
     という思いがあり、安心しきって行動している現われ。

  
 
 
 
 9 
静止する(立ち止まる)


カーミングシグナル 9カーミングシグナル9
 
 かなり緊張した気もちを現わしている。
 
 事例 :散歩中に突然、立ち止まった。
 
 意味 :周辺で何かを察知したこと示しており、犬の見ている方向や
     まわりを注意して見てみること。犬が伝えたい何かがあるはず。

   
 
 
 
 10 
歩調が「ゆっくり歩く」に変わった


カーミングシグナル 10カーミングシグナル10
 
 何かを気にし始めて、気持ちが落ち着かない状態の現われ。
 
 事例 :散歩中に前方から他の犬がやってくるのが見えた。
     自分の犬は一旦立ち止まり、また、ゆっくりと歩き出し、
     何度か立ち止まりながら相手の犬に近づいていった。
 
 意味 :敵意があるのか無いのか、何かシグナルは出していないかどうか、
     などの様子を見ている。
     自分から近寄っていく場合は、自分には敵意が無い事を相手に
     示している。

   
 
 
 
 11 
カーブを描きながら歩きはじめた


カーミングシグナル 11カーミングシグナル11
 
 相手に対し、攻撃の意思(敵意)が無いことを示す。
 相手と正面から向き合うことは、相手に敵意を示していることになるという。
 
 事例 :見知らぬ犬が前方から歩いてくるのが見えたら、相手の犬を
     避けるかのように、ゆっくりカーブしながら歩きはじめた。
 
 意味 :争う気は全くなく、このまま通り過ぎることを相手に示している。

  
右側に生活情報PRバナーを別窓で表示します。


サイトマップ
コンテンツ

http://www.daidtm.net/
        
−免責事項− Copyright (C) 2007- ペット☆犬をモット知ろう. All Rights Reserved.
当サイト内の文章・写真・デザインなど一切の無断転載はご遠慮下さい。
  
カーミングシグナル
amazonで購入できます
(著者)TURID RUGAAS
(編集)エー・ディー・サマーズ
(翻訳)石綿美香