BGM Play     カーミングシグナルを読む  

犬語の世界

犬語の世界

犬語の世界〜ペット☆犬をモット知ろう

犬語の世界
 
犬語・カーミングシグナルを読む 続編
 
メニュー項目名:
 
 
 
人間の言葉と違い、犬たちの犬語であるカーミングシグナルは万国共通の言葉。
国境を越え犬種を越えた、そんなカーミングシグナルをもっと理解しよう!

 
当ページは その3 の続編です。
 
 
 
 
この「その4」のページは「カーミングシグナルを読む」ことも含め、
「その3」と同様に「犬たちの一連の様子」から、
犬たちが、いかに平和的で争いごとを避ける術(すべ)を備えているか
を読みとっていただければと思います。

 
 
「その1」のページではカーミングシグナルを読む際の大事なポイントを説明しています。
  カーミングシグナルを読む その1
をぜひご覧ください。

 
 
 
 
当「犬語・カーミングシグナルを読む」に
掲載しているイラスト、写真などは
ブログ おしゃべりワンコの物思い Eggiさん
のご厚意により全面的にお借りしたものです。

 
ブログで、カーミングシグナルについて
よりわかりやすく紹介されています。

 
犬の会話は管理人が思うままに、感じたままに
自由に書き綴ったものです。
 
オモシロオカシク表現するために勝手に
擬人化しているカ所があります。

 
前編と同様にこの会話に惑わされることなく
読みとる練習をしてみてください。

 

  
カーミングシグナル
amazonで購入できます
(著者)TURID RUGAAS
(編集)エー・ディー・サマーズ
(翻訳)石綿美香




ウィーン・英雄広場 お邪魔します、ボール持ち帰りまァ〜す
犬語の世界 No.2










ボール遊びに夢中のワンコ
  このワンコのボールが、
  小型ワンコ集団のほうへ転がって
  いきました
  (木の根っこ近くの真ん中あたり)

  このボール大好きワンコが
  平和的にボールを奪還?するまで
  のストーリです













             







     「オヨッ! ボールがあんなところに
      転がってしまったァ〜!」

     立ち止まってシッカリと小型ワンコ集団の様子を
      見ています


「あれッ! こっちの様子を伺っているよ〜」

     ボールがある木のそばのワンコ、威嚇もせず
      平然とボールワンコの様子を見ています





     「このワンコたち、大丈夫そうだから
      ユックリと近づこう!」

     周りの様子を伺いながら、ユックリとボールに
      近づいていきます


「あのワンコ、こっちに来るけど大丈夫そうだね!」

     じーっと、静かにボールワンコの様子を見ています






     「すみません! お邪魔しまァ〜す
      転がってきたボールを取らせてくださいな〜」

     低い姿勢で片足を上げ(シグナル)、敵意は
      ありません、落ち着いてください・・・の
      シグナルを発してます

「こちらも争うつもりはありませんよ〜ッ! クンクン」

     ボールワンコと向かい合わず地面を嗅ぐ(シグナル)
      しぐさで、同様に、敵意はありません、落ち着いて
      ください・・・のシグナルを発しています

「そこのワンコさん 何かお探しですか?」

     このワンコも遠目から冷静に様子を伺っています
      ボールワンコのしぐさから、敵意はないことを
      しっかりと確認しているようです




     「ほんじゃ ボールを取らせいただきますッ! パクッ」

     周りのワンコを驚かせることなく、
      素早くボールを口にくわえ、戻る体勢です

「用事は済みましたか? クンクン」

     陰でよく見えませんが、ボールワンコの用事が済み
      立ち去るまでは、地面のクンクン(シグナル)を
      続けるつもりのようです

「邪魔はしませんから〜」

     右の前足を上げて、落ち着かせる(シグナル)しぐさ
      が見えます




     「お邪魔しましたァ〜」

     まるで、周りの小型ワンコに挨拶しているかのよう
      に見えますが、シッカリと周囲の様子を伺ってます

「アッ お疲れ様でしたァ〜 クンクン」

     立ち去るボールワンコの後姿の様子をシッカリと
      確認しています

「もう、お帰りですか?」

     このワンコもまるで見送るかのようにシッカリと
      確認しています




     「さァ〜てッ ひとっ走りで戻るぞッ!」

     小型ワンコたちの動きや周囲の気配の安全を
      確認して、あとは戻るだけです

「クンクン 去っていきましたネ〜」

     地面をクンクン(シグナル)しながら最後まで
      確認しています


「自分のボールを取りに来ただけでしたァ〜」

     もう、ボールワンコには興味ありません
      自分たちの集団に関心が移っています





     「やったァ〜!」

     小型ワンコ集団と何事もなく、無事ボールを取り戻し、勢いよく駆けて戻ります

「んじゃ 僕達は僕達で・・・ クンクン」

     何事もなかったように、今度は楽しむニオイ採りのクンクンをしています


「ねェ 何かして遊ぼうよ〜」

     もう、完全に自分達の集団に関心が移っています

             




     「ヒャッホッホ〜イ♪ ボール、持って来たよ〜 遊んでヨ〜」

     とても嬉しい、ハツラツとした様子が伝わってきます
      ワンコたちの素晴らしい会話を垣間見たような気分です
      カーミングシグナル・・・それは、まさに平和をもたらすシグナルです


 
この「犬語の世界」その3、その4 のシーンから学ぶべきこととして
 
このワンコたちのオーナーさん(飼い主さん、あるいは、責任者の方)は
  冷静に成り行きを見守り、騒いだり警戒するような行為を一切していません。
 
これは、犬との信頼関係がしっかりと築けている証しです。
 
犬たちもその信頼に応えるかのように騒いだりせず冷静に行動しています。
  犬同士のマナー(わんこマナー)が一頭一頭、実にシッカリとしています。

 
 

 
 
  動画からカーミングシグナルを読む練習!
 
 
Eggiさんから観察ポイントのひとこと
 
そっとしておいて欲しいワンコが、
  いったいどの位前から
  どれ位のカーブを切って
  横切っていくか・・・
 
そっとしておいて欲しいワンコが、
  どれほど相手を無視して
  通り過ぎていくか・・・
 
ご挨拶がしてみたいワンコが、
  どんなシグナルを
  発信しているか・・・
 
同伴の二本足さんの態度・・・
 
   音量に気を付けてください FLV形式 13.3Mb
 
 

 
 
 参考情報
 
 Eggiさんが共感を持てるという犬専門書の作家(8名)
 
 Turid Rugaas
 Anders Hallgren
 Barry Eaton
 Christina Sondermann
 James O'Heare
 Jean Donaldson
 Karen Pryor
 Lorna Coppinger

 
 
 右上のスライドは、すべての著書本を紹介しているものではありません。
 
 左上にあるガイドボックス【犬 専門書(英語版)】から
 Amazon Books 洋書(英語版)の作家名で検索できるページが開きます。
 
 検索したい作家名をクリックすると、その著書が表示されます。
 
 和書から検索するカテゴリもありますので、興味のある方は参考としてください。
 
  ※ ガイドボックスからの検索で、一部全く関係の無い書籍などが表示される場合もあるようです。
    また、表示されるまでに暫く時間が掛かる場合もあります。 ご了承願います。

 
右側に生活情報PRバナーを別窓で表示します。


サイトマップ
コンテンツ

http://www.daidtm.net/
        
−免責事項− Copyright (C) 2007- ペット☆犬をモット知ろう. All Rights Reserved.
当サイト内の文章・写真・デザインなど一切の無断転載はご遠慮下さい。